【新*もも日記読まないで】

スポンサーサイト

Posted by くるみもも on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山登るきっかけ

Posted by くるみもも on

毎週月曜日に抗がん剤点滴してた06年、主治医が日焼けしててなにげなしに聞いたら富士山行ったと。ふ~んと思いながら聞いていたら、『富士山いいよ~』と。なにげなしに『何時間ぐらい掛かりましたか?』と聞いたら『僕は日帰りだから4、5時間だよ』と。『私でも登れるか?』『登れるよ~』『一人でも登れるか?』『登れるよ~』と。私は富士山登山で私を励ましたりエールくれた方達に、富士山に登るほどこんなに元気になりましたよ~と伝えられそうと思いました。それが私を支えて下さった方々への恩返しになると思い。また、その富士山登山で、今度は私が誰かの支えになったり希望や夢、諦めない思いを伝えてあげたかった。それがまた私を支えて下さった方々への恩返しになると思い、その週の木曜日までにネットで調べ、登山ショップで相談し、揃え、週末の土曜日富士吉田に向かいました。
初登山初富士山単独日帰りでした。
抗がん剤治療中でしたが、頑張りたかった!
しかし高山病だかで吐き気、頭痛、睡魔に襲われました。
次の山小屋でどうするか考えよう…山小屋に着き、体調が悪かったですが、諦めたくなかった…頑張りたかった…次こそ次の山小屋で考えよう…そうやっていくつもの山小屋に向かいました。
本八合目に着きました。限界でした…でも八合目の半分まで来ました。もう少し行けば九合目だ…もう少し頑張るか…と、歩き出したらら、急に寒気が走り、微熱を感じました。
やばい…熱出たら大変…
止めるか…いや、もう少し頑張るか…でも限界…止めるか…どうする…そう思いながら歩き出しましたが、やはり微熱が悪化しそうだったので、断念しました…(:_;)
悔しかった…もう少しだったのに…(:_;)
泣きながら下山していたら、登って来た外人さんに『ヘイ…ダイジュブカ?』と言われ、コクンと頷いた(:_;)
下山時は辛かった(>_<)
吐き気が強くなり頭痛も睡魔もきつかった(>_<)
もう嫌だ(>_<)富士山なんて見たくないと思いました(>_<)
睡魔に襲われながら居眠り運転。帰宅したら旦那に『顔真っ青だよ!?(@_@)』と言われました。
次の日は抗がん剤でした。
一日経つと、あんだけ嫌だった富士山にまた登りたいと思いました。
必ずリベンジしてやる!と。
初富士山で、色んな思い、願い、感謝の気持ちで登りました。
もちろん主治医や看護士さんにも感謝の気持ちも抱えて登りました。
診察
『先生…私土曜日富士山に登って来ました(:_;)』
先生『え"ーっ!!??(゜□゜)』先生凄い声上げてビックリしていました。
『先生、私がこうやって富士山に登れたのは先生や看護士さんのおかげでした。また、富士山に登ることで、私を支えて下さった多くの方に、富士山に登るほど元気になりましたよ~って伝えたかった…そして、また、同じ乳癌の人に私のチャレンジが希望へと繋がるなら頑張りたいと思い登りました』と、感謝の気持ちいっぱい涙ながらに話しました。
先生はニコリとして、一言…
『癌、克服できたね…(^_^)』と。
私はもうとっくに癌克服できていたと自分自身思っていましたが、先生から見たら、まだまだだったのでしょうかね…。
そう思いました。
癌克服できたねと言われてすごく嬉しかったです。
富士山を教えてくれた主治医に本当に感謝しています。
主治医がきっかけで富士山に登ることとなったのです(^_^)
これからも私のチャレンジは続きます…
諦めない
希望を持って…
悔いなく生きる…
これが私の人生です
おわり(^_^)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。